不動産売却の流れ

1. 売却相談 (お電話・メール)
まずはお気軽にご連絡ください。
お客様の状況にあった売却方法をご提案します。

2. 物件の調査・査定
土地建物の状況、周辺環境、法令・権利関係、市場の流通性を分析したうえで価格を査定いたします。査定価格は概ね 3 ヶ月以内に売却を見込める価格を算出しますが、実際の売出価格については売主様のご意向に沿って設定します。

(調査時にご用意頂きたい書類等) 
・登記済権利証 (登記識別情報)
・固定資産税課税明細書
・建物図面、土地測量図等
※お手元に無い場合はご相談ください。

3. 媒介契約
不動産会社に不動産の売却を依頼する契約です。価格設定、売却活動の内容について納得されたうえでご契約ください。媒介契約には 3 つの種類があります。

4. 売却活動
ホームページおよび不動産ポータルサイトへの物件掲載、現地看板の設置、近隣へのポスティング、既存顧客への紹介などさまざまな方法で広告活動を行います。あくまでも売主様のご意向を確認してから、ご要望に沿った方法で売出しますので、ホームページへの写真掲載は控えてほしい、近隣へのポスティングはしないでほしい等、遠慮なくお申し付けください。

5. 売却活動状況の報告
売主様に対して売却活動状況 (お問い合わせ件数、反応等) の報告を書面またはメールにて行います。媒介契約の種類によって、専属専任媒介契約の場合は 1 週間に 1 回以上、専任媒介契約の場合は 2 週間に 1 回以上の報告が義務づけられています。

6. 売買契約の締結
購入希望者との売買条件を調整し、価格、条件等が折り合えばご契約となります。
不動産は高額な売買契約ですので、簡単には契約を解除できないように買主は売買契約締結時に手付金 (売買代金の 10% ~ 20% 程度) を売主へ支払います。買主から契約を破棄する場合は手付金を放棄しなければならず、売主から契約を破棄する場合は手付金を返し、更に手付金相当額を買主に支払わなければなりません。ただし、融資特約がある場合は買主が利用する融資が通らなかった場合に白紙解除ができます。一般的には、売買契約締結後 2 ~ 3 週間程度で残代金決済手続きおよび物件の引渡しを行います。

(売買契約時に必要なもの / 売主様)
・実印・本人確認書類 (運転免許証、パスポート等)
・売買契約書貼付収入印紙
・仲介手数料半金、契約書類代金
※その他にも必要となるものがある場合がございますので、詳しくは担当者にご確認ください。

7. 物件引渡しの準備
隣地との境界確認、荷物の撤去や公共料金の清算等を済ませます。契約時に約束した期日までに約束した状態にして買主へ引き渡す必要がありますので、違約とならないよう余裕をもって準備をすすめましょう。
ローンの残債がある場合は金融機関と協議のうえ、事前に抵当権抹消に必要な手続きを行います。

8. 不動産の引き渡しおよび代金決済
残代金の授受と物件の引き渡しを同時に行います。買主が融資利用の場合は借入金融機関で決済を行います。司法書士も同席し当日中に所有権移転の登記申請を行います。

(残代金決済時に用意するもの / 売主様)
・実印
・登記済権利証 (登記識別情報)
・印鑑証明書 (3 ヶ月以内発行のもの)
・住民票 (住所変更登記がある場合のみ)
・登記費用 (抵当権抹消、住所変更登記などがある場合のみ)
・仲介手数料残金
・本人確認書類 (運転免許証、パスポート等)
・鍵、管理規約、分譲時のパンフレット、建築確認書など
・預金通帳、銀行届出印 (残代金を振込にて受領する場合の口座確認に必要)
※その他にも必要となるものがある場合がございますので、詳しくは担当者にご確認ください。



お問い合わせ
資料請求
0120-77-6966
営業時間 8:30~17:30(土日祝定休)
メールでの
お問い合わせ